ようこそ、一緒にメイプルストーリーを楽しもう^^

インフルエンザ

a:2648 t:1 y:0
 この時期になると、発熱したまま具合が悪い状態でメイポのキャラが多くなる;;
風邪ひきさんなんだよね;;予防に関してちょっとまとめよう。

インフルエンザ

 学級閉鎖30人中16人感染。ニュース等で情報を見ると感染率50?以上の世界だ;;
 感染率50?って聞くと、それだけでもううつる様な気がしてくるが、これは確率の罠。 確率の罠?については後で説明しよう。

 インフルエンザ、100?感染するわけではない。感染しない人はずーっと感染していない。ところが、予防接種を受けマスクをし、帰宅すれば手を洗いうがいをしても毎年のように感染してる人もいる。
 これ、免疫とかなんだかんだいってるけど、何か原因があると思うよな^^

口腔内細菌数(口の中の細菌数)とインフルエンザの感染

 去年見たNHKが特集してた。

一般に口腔内最近の量は200万個以上、この状態だと感染力の強いインフルエンザは50パーセント以上の確率で感染する。

歯磨きと同時に舌も洗うと口腔内最近数は20万個程度に現象、感染力は1/10に減少する

と何処かの学校を例に説明していた。

 50パーセントの感染力のインフルエンザが5パーセントになるわけだ。
もう、これだとうつる気がしない^^

30人のクラスで1.5人。約2人に減少する。

この口腔内細菌を20万程度に減少させる方法

 フランスで論文発表されてらしいが、要はインフルエンザが発症するための酵素の発生を抑制するって事らしい。詳しくはインターネット等で検索してみよう。

まずは歯磨き&歯垢の除去、更に舌を磨く

 要は普段の歯磨きに舌磨きを追加。歯垢の除去が重要って事だ。

  1. 歯垢の除去は歯科医にお願いしよう。
  2. 歯磨きはいつもの通り。
  3. 舌磨きは、力を入れると痛い;;そっとやってもなれないと痛い;;この場合は歯ブラシにガーゼをかぶせて舌の奥から唇の方にかき出す様に磨くとよいと説明されていた。
     私の場合は、口臭予防で昔から舌を磨いていたんだ。確かにインフルエンザ感染してないよ^^

 まだ、感染していないなら試してみよう。感染しててもインフルエンザ種類があるから、試す価値はあるね。

更に注意事項

うがい

 いきなり咽でのガラガラは、感染の危険がある。はじめは数回口の中のうがい(歯磨き後の口をゆすぐ方法から開始すればよい)。うがい薬の使用時も同様の方が良さそうだ。

静電気

 静電気が発生すると、ウィルス、細菌、更にそれが付着したゴミを引き寄せる。花粉症も発症しやすい。静電気の発生しにくい服装と加湿が重要になるね。湿度が高くなるとウイルスが死滅するようだし。

目をこすらない

 小学生が風邪を引きやすい原因の一つ。ウイルスや細菌が手に付着したまま目をこすり、目の粘膜から感染。

 
まぁ対策して、インフルエンザも風邪も感染なしで^^

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional